家族信託

家族信託とは?

家族信託とは、自身の判断能力が衰えたときに備えて、自身の財産を信頼できる家族や親族に託して(預けて)、管理・運用・処理を任せることができる仕組みです。
また、託した(預けた)財産の承継先も指定することができます。

家族信託が必要なときは?

主に認知症対策としての活用場面が大半です。また、何世代にもわたって財産の承継先を指定したい場合にも、信託は有効な手法です。
信託を活用した後は、たとえ自分自身の判断能力が低下した場合でも、大切な家族のために財産を円滑に管理・運用し承継することができます。

みつ葉グループのサービス内容

家族信託を活用した生前対策コンサルティングを行います。
その方の財産状況やご家族構成、財産承継に対する想いを総合して、どのように信託を活用するのかを設計し、信託契約書の作成、信託組成後の不動産の名義変更や信託財産への融資実行など、お客様の課題解決のためにトータルでサポートしています。