みつ葉グループの仕事とは?

みつ葉グループの仕事とは?

司法書士法人みつ葉グループは、札幌・東京・大阪・広島・福岡・沖縄にオフィスを構え、約100名のスタッフが在籍しています。司法書士としての業務に加えて、弁護士、行政書士、税理士、土地家屋調査士など複数の専門家と連携することで、お客様の課題を総合的に解決するため奮闘しています。

【サービス別構成比】不動産登記:25%、相続:25%、債務:50%

司法書士業務としては、「登記(不動産・商業)」「相続・信託」「債務整理」の3つを事業の柱とし、それらに付随する紛争解決、許認可申請、税申告、測量などのサポートを行っています。

業務紹介

不動産登記

あなたがある不動産を購入したとします。もちろん、お金を払って買うわけですから、不動産の名義は買主であるあなたに変更する必要があります。実は、この手続きを代理するのが司法書士の不動産登記業務なのです。大きなお金が動きますから(時には億を超えるお金が動きます)責任の重さはいうまでもありません。不動産仲介業者、ハウスメーカー、金融機関の方々からご依頼いただくことが多い業務です。

詳細はこちらをご覧ください

企業法務・商業登記

新たに会社を作るとき、会社の役員が変わったとき、会社の本店を移転した時、これらはいずれも法務局に申請する必要があります。この手続きを代理する業務が、商業・法人登記業務です。企業のM&Aが行われる場面でも、司法書士が関与して手続きを行います。主に、会社の税務顧問をしている税理士の先生方やM&Aの仲介業者の方々からご依頼をいただいています。

詳細はこちらをご覧ください

相続

相続に関する業務は、大きく分けると①自身が亡くなった時に備える「生前対策」と②亡くなった後の手続きを行う「死後手続き」の二つに分類されます。生前対策は、円満に相続できるよう遺言を作成するサポートをしたり、税理士の先生方と連携して相続税がどのくらいかかるか予めシミュレーションしたりします。死後手続きは、亡くなった方の預金解約や不動産の名義変更をサポートしています。

詳細はこちらをご覧ください

家族信託

家族信託の特徴としては、「自分の財産管理を家族に任せ、将来その財産をだれが引き継ぐかを決めておくことができる」という点が挙げられます。いわゆる、「認知症対策」や「財産承継対策」として活用されていますが、いずれもご本人だけでなく、ご家族の皆さまにとっても大変重要な問題です。したがって、ご家族の皆さまも巻き込んで、何度も協議を重ねながら、この制度の活用をサポートしています。

詳細はこちらをご覧ください

債務整理

借金の返済で困っている方の代理人として貸金業者と返済について交渉する「任意整理」や、やむなくお金が返せない方の「破産」申立手続きの書類作成などを通じて、生活再建のサポートを行っています。借り入れ金額や生活状況などをヒアリングして、最適な再建方法を提案し、二人三脚で進めていきます。

詳細はこちらをご覧ください

交通(物損)事故

交通事故に関して、相手方と交渉する場合、手間も時間もかかりますし、何より一定の専門知識がないと自分に不利な内容で示談を進めてしまう恐れがあります。そこで、交渉しているけどうまくいかない、納得いかないけど話し合いが平行線で前に進まない…という方々の代わりに、主に相手方の保険会社と司法書士が交渉しています。「弁護士特約」を使ってご自身の保険会社から報酬をいただくケースが多いため、金銭的なご負担も少なくサポートできます。(ただし、司法書士が代理できるのは、訴額140万円以下の簡易裁判所が管轄する事件のみです)

詳細はこちらをご覧ください