一日の仕事の流れ

一日の仕事の流れ 司法書士 高岡 宏

9時 出社

出社をしたらその日のスケジュールとやるべきことを確認します。
毎日、朝礼を行い、日々の改善案や周知事項などの情報交換。
朝礼が終わると、担当している不動産登記業務に集中。
不動産登記業務は関係当事者が複数に及ぶこともあり、各当事者に電話やメールで連絡をし、申請に向けた段取りと準備をします。

12時 お昼

お昼には、新規の相談やご依頼者からの問い合わせが入ることもあり、今日は電話対応。
それを見越して昼食は普段から少し早めに済ませることが多いですね。

15時 面談

午後は書類作成から書類のチェックまでをこなします。また日によってはご依頼者との面談。
ご依頼者のお話を丁寧に伺い、ご意向に沿うような法的手続きのご提案をします。
終業前には翌日の準備。不動産売買の取引が、翌日の午前中に入っているので、登記関係の書類の最終チェックを事前に済ませて帰宅します。

休日

自己研鑚のために研修会などへ参加したり、リフレッシュのためにプライベートの趣味に没頭したりしています。

就職活動中の方へのメッセージ

責任ある業務を任せてもらえるので、日々やりがいを感じて仕事をしています。
ひとつひとつの仕事を完遂していくことで、自分自身の成長にも繋がっていると実感できるのでスキルアップをしたい!という方に合う社風だと思います。